読書の秋~星の王子さまを読む

今日から10月。
秋晴れのいいお天気でした。

娘は衣替えで今日から制服を着て登校。
いっっちょまえに「おねーさん」みたいや。

秋といえば・・「食欲の秋」
我が家でも新米が食卓に登場しています。

ナイスタイミングで福岡から辛子明太子が来たので
「日本に生まれてよかった~~~!!」を満喫。

秋といえば・・「読書の秋」
本が好きです。

ハードカバーじゃなくて文庫本。
本屋さんへふらり立ち寄ると「私はここよ!」と
私を手招きしてる本に出会うのです。
一月に2、3冊はそんな風にいろんな本が
我が家へやってくる・・・のですが
悲しいことに読む時間がありません。

なので買っただけでまだ読んでない本が枕元の
カゴにいっぱい!
nikki 004
こんな感じ~♪
その日の気分で選ぶ本。
それがまたことのほか楽しい♪んでありまして・・・
そんなコレクションの中でおすすめの1冊をご紹介しますね。

星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫) 星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫)
(2005/08/26)
アントワーヌ・ド サン=テグジュペリAntoine de Saint Exup´ery

商品詳細を見る

超有名な本なのにまだ読んだことがありませんでした。

内容はですね・・・

言いたい。とっても言いたい。
でも言えません。

まだ読んでない人に悪いので。

心を真っ白にして読んでいただきたい本です。
じゃないと書いてあることが理解できません。

あとでボディブローのようにじわりじわりくる本です。

今までなんで手に取らなかったんだろうと悔やまれるったらありゃしない。

あ~~感想を熱く語りたい!

も、ちょっとしたらうんざりするような長文で
読後感想文を書きたいと思ってます。

乞うご期待っ♪

広告

読書の秋~星の王子さまを読む” への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    星の王子さまも今はいろんな訳者さんでの翻訳が出ているんですね。
    当時は内藤あろう(漢字が見つけられない)先生のものしかありませんでした。
    違う翻訳で読んだらまた違う発見があるでしょうか?
    読書の秋…ですね~♪
    最近梨木香歩さん、森絵都さん、江国香織さんのを読み漁ってました。
    この年代の女性作家さんになんだか注目している今日この頃です。
    やっぱり表紙眺めているだけではだめですよね~
    長~い感想文期待してま~す。

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: c7fce5aeb5e8e4a64157d8d51ca78264
    >珊瑚☆きららぁ さん
    お恥ずかしい話ですが女流作家さんの作品。
    ってゆうか小説はあまり読んだことがないんです。
    じゃ。何読んでんの?って今自分でも不思議な感じです。
    心理学とか色彩学とか大学の授業のテキストみたいなのが
    多いです。
    そんなの読書って言えないかも!
    自己啓発本も好きです。
    マーフィーとかナポレオンヒルとか・・
    梨木香歩さん、森絵都さん、江国香織さんは
    未知の領域です。
    ぜひ読んで見たいと思います♪
    教えてくださってありがとう~~~~★

    いいね

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日は皮膚科に受診する予定だったので
    図書館で唯川恵さんの本を借りて持参。
    どちらかというと独身女性向きのエッセイでしたが
    なかなか良いと思いました。
    この手の女流作家さんを読み漁っているのは
    梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」を読んだのがきっかけでして
    これがものすご~くよかったんだな。
    森絵都さんは子供達にどうかな?と思って手に取った。
    実際中高生にはおススメだと思います。
    私も小説にはまるのは久々なんです。
    今まで読破する勢いがなかったというか
    エッセイの方が気軽に読める気がしていて…
    で、ハマりだしたら止まらないというか
    どういうわけか女流作家さんばかり目に留まるんですが
    結構アタリです。

    いいね

  4. SECRET: 0
    PASS: c7fce5aeb5e8e4a64157d8d51ca78264
    >珊瑚☆きららぁ さん
    「西の魔女が死んだ」は娘が小6の時に
    読書感想文を書いて小さな賞にはいった
    思い出深い作品です。
    おだやかな文章が流れていくんだけど
    読んだあとは心がざわざわします。
    最近映画化されたようですね。
    あの雰囲気を映画でどう現われているか
    楽しみです♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中