DNAに親近感を覚える

DNAはデオキシリボ核酸のことであり核酸の一種である。
高分子生体物質で、地球上のほぼ全ての生物において
遺伝情報を担う物質となっている。
(Wikipediaより)

たとえば
アニキの行動パターンが、びっくりするほど父ちゃんに似ていたり
ねーさんの性格が、びっくりするほど父ちゃんに似ていたりするのは
すべて彼らが父ちゃんからのDNAを受け継いだ結果である。
Dna-split.png
DNAと聞いて思い浮かぶのがこの二重らせん構造。
親から子へ。子から孫へ。
こうやって遺伝子がきっちりきっちりコピーされていくらしい。
ところが!
最近の学説によれば、そうきっちりでもないらしい。
hibi 041
ある日の新聞記事を見て、思わず「おおっ!」ってなった。
DNAが規則正しく束ねられてできていると思われていた
人の染色体が、実はかなり「いいかげん」につくられていることを・・

しかも「ぐしゃっと」なってるらしい。
ほー。
いいこと聞いた。
DNAは生命の設計図とよく言われるが
これはDNAの塩基配列がタンパク質のアミノ酸配列に対応しており
生命現象の大部分はタンパク質が担っているため
「タンパク質の設計図」=「生命の設計図」ということである。
(Wikipediaより)

人間の命そのものとも言えるDNAが
「いいかげん」で「ぐしゃっと」してるんやーって思ったら
わたしらだって、そんなにきっちりしてんでもいいんじゃないかなって思う。
少しぐらい部屋がバタバタになってても
タンスの中がぐちゃぐちゃになってても
気にせんとこ。
そうや、そうや。
どうにもならんことで思い悩むのもやめよう。
どうにもならんことでも、いつかはどうにかなるもんや。
お気楽にいこう。
人間ってそういうふうに出来てるんやもん。
nori2.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中