台風11号と絆創膏とアルマゲドンの話

先日の日曜。
大野も台風の進路になってて
一時、雨と風がすごかったですね。
悪天候にもかかわらず
多くのお客様にご来店いただき
ほんとにありがとうございました。
さて。
大野を台風が直撃しているお昼ごろ
実家の母から電話がかかってきたのです。
その声は泣いてるようで
かなり緊迫した様子。
「家の壁のトタンが風でめくれて
道まで飛んでった」と。
えええええぇ!!!!
そのやりとりをそばで聞いていた父ちゃんが
「ちょっと見てくるわ」と暴風雨の中走っていったのです。
「やめて!危ないで。行かんといて。」と
わたしが止めるのも聞かずに。
その後姿を見て
わたしは
「アルマゲドンのブルース・ウィリスみたいや。。。」と思いました。
2914af42.jpg
しばらくして
父ちゃんは・・・
額から血を流して
シャツも血だらけにして帰ってきました。
067.jpg
※現場のMさんち
築50年のオンボロです。
今まではお隣の家に守られるように
雨や風の影響は受けずにいたのですが
お隣の家が建て替えのために取り壊されて
無防備になったトタンが強風に煽られ
めくれ上がってしまったようです。
風で飛ばされないように
補修作業をしていたら
一番高いところのトタンが落ちてきて
ブルース・ウィリスの頭に直撃。
もはや手がつけられない状態。
あかん!
このまま暴れ狂うトタンを放置しておけば
通行人や車に当たってしまうかもしれない!!!
すぐに消防に通報しました。
消防の方たちがすぐに駆けつけてくださって
応急措置をしてくれました。
迅速な対応、ほんとにありがたかったです。
とりあえずは一安心。ほっ。
警察や新聞社、テレビ局なども来て
現場は一時騒然となりました。
そのころ
ブルース・ウィリスは
何箇所もの傷に絆創膏を貼って
待っててくださったお客様のカットへ。
うちへも警察や消防や市のほうから
電話がじゃんじゃんかかってきて
「病院行ってください」と。
でも病院が大嫌いなので
行くわけもなく。
その後も黙々と仕事に没頭していました。
Evernote Camera Roll 20140811 午後012546
テレビのテロップにずっと流れていた
頭にケガをした大野市50代男性は
うちの父ちゃんやったんです。
いやはや。
夕方のニュースでも言われたし
今日の新聞にも載ってましたね。
あ、みなさま。
どうぞご心配なく。
流血はしましたが幸い軽傷でした。
余談ですが
実家の母から
「大変!お父さんがケガしてもた!」と
号泣して電話があったとき
「手か?手は大丈夫なんか?」
と聞いて
「額や」って言われて
「額なら帰ってきて仕事できるな。よし!」
と心の中でガッツポーズをしたことは
父ちゃんには内緒です。
鬼嫁
わしののりこ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中