母との対決!~実家の大規模断捨離プロジェクト

連休2日目。
どんよりした空と生暖かい空気の月曜日です。

道路の目地から顔を出す
ど根性たんぽぽを見つけました。
わたしは早起きをして
「春になったらやろうな!」と弟と計画していた
実家の大掛かりな片付けをしています。
fc2blog_20150420131842abc.jpg
築50年。
もともとは小さい電気店があったところに
倉庫を継ぎ足して
車庫も継ぎ足して
敷地にめいっぱい建ってます。
モノを置くスペースがいっぱいあって
そこにモノがいっぱいあります。
4年前に亡くなった父のもの。
3年前に亡くなった祖母のもの。
わたしが赤ちゃんのときに着ていた綿入れやねんねこ。
山王さんのお祭りのときに着た着物。
わたしと弟の通知簿や描いた絵や工作や表彰状。
父が母との結婚式に来たタキシード。
何十着とある父のスーツ。
わたしにとっては「いらないもの」ばかり。
母にとっては「必要だからあるもの」ばかり。
「いやーん。それ捨てんといて」
と涙声で訴える母に
「ちょっとあっちいっててくれる?」と
優しく言って・・・・

かたっぱしから

捨てました。
すまぬ、母よ。
日曜のたびに片付けに来てくれてる弟夫婦にも
母が手をつけさせない場所があるらしく
「姉ちゃん、やってくれ」と
弟から指令を受けたんやもん。
心を鬼にしてやらんとあかんでしょ。
「実家の大規模断捨離プロジェクト」
まだまだ終わりそうにありません。
モノはなくなっても
心の中の思い出はなくならんよ
わしののりこ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中