実家の取り壊し作業が始まりました。


IMG_3417

IMG_4393

IMG_4391

築50年。わたしの実家です。

去年の秋の台風で東側のトタンがまくれあがって
六間通りまで飛んでいってしもたことがありました。

母がパニックで泣きながら電話をかけてきて
父ちゃんが釘とかなづちを持って飛んでいったら
上から長尺のトタンが落ちてきて父ちゃんの額を直撃。

「あかん。オレの手に負えん」と
シャツが真っ赤になるくらい血だらけになって帰ってきました。

困ったわたしは消防にヘルプミーの緊急要請。

消防はもちろん警察や新聞社や市役所が駆けつけてきての
世間を騒がす事態となりました。

その時にトタンを張替えるのに20万ちょい。

おととしは車庫のシャッターがさび付いて上がらなくなり
新しいのに交換するのにこれも20万ちょい。

これらの決して安くはない修繕費が
まったくの無駄になることを
このとき誰が想像しえたであろうか。。。

そんなこんなで今年3月。

「家を建て直そう!」

そう、きっと誰かの思いつきで始まったこのプロジェクト。

あれよあれよと言う間に話が進み
「6月2日家の解体」
とカレンダーに印がつきました。

さあ、それからが大変なんてもんじゃあなかった。

福井に住む弟夫婦は毎週毎週
捨てるものを処分しに来てくれました。

なんせ50年分のガラクタ。
母に言わせれば宝物。
だから捨てずに大事にとっておいたと。

まあ、あるわあるわ。

歴代の炊飯器とかレトロな扇風機とか
昭和資料館のよう。

布団だけでも20組以上。
旅館かっ!

IMG_3373

わたしも
4月、5月は休みの予定を入れずに
いらないものを袋につめてアルトの荷台に乗せ
クリーンセンターに通う日々でした。

弟が軽トラで運んだ分と合わせて
40往復くらいしたんじゃないかしらん。

あと少し、あと少し。
がんばろう、がんばろう!

弟夫婦と呪文のように唱えながら
なんとか今日を迎えることができました。

ふぅ。やれやれ。

母は「泣くから壊すのを見に行かない」と言ってますが
わたしは晴れ晴れした気持ちです。

タイミング的に「今」やったんですよね。きっと。

空から父が嬉しそうに見てると思います。
こんなの好きですもん。

もう片付けなくていいんやね。
疲れはてました。
わしののりこ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中