元電気屋の娘直伝!15分でできるファンヒーターの片付け方

こんにちは!
お顔そりで女性のみなさんを
もっとキラキラ輝かせたい!
わしののりこです(^^)/

いやあ。暑い暑い。
窓を開けておくだけではガマンできず
今年初めてエアコンの冷房をつけましたよ。

と、同時に
店に出しっぱなしやったファンヒーターを
やっとこせ片付けました。

出すのは簡単やけど
仕舞うのはめんどくさくて
腰が重いです。

でも。
ここでしっかり掃除して片付けると
故障しにくく長持ちするんですよ。

【元電気屋の娘直伝!ファンヒーターの片付け方】

タンクは空にします。

フィルターを取り出し
ペーパーでキレイにふき取ります。
(汚れがひどいときは買い替えたほうがいいです)

本体の底にたまってる灯油を
付属のアプリケーターで吸い取ります。


↑ 丸いくぼみのとこに灯油が残るので
キッチンペーパーなどで
きっちりキレイにふき取りましょう。

灯油を次のシーズンまでそのままにしておくと
酸化して変質したり水と油が分離します。

水は油より重いため
本体の底に水がたまります。

ファンヒーターは
灯油をノズル噴射して気化したものに着火しているので
油と水が分離した状態では水だけが噴射されることになり
最悪の場合着火しなくなることがあります。


下のほうの左右にあるネジをとって
前面パネルをはずします。

はぶらしと掃除機を使って
パネルの吹き出し口や内部の
目につくホコリを吸い取ります。

配線や基盤がむき出しになっているので
さわらないように注意。
断線すると動かなくなります。


次は後ろ。
フィルターはそのままはずれるので
洗って乾かします。


背面のファンのとこもはずします。
かなり汚れてますねー。
マジックリンやお掃除シートで
きれにふき取ります。

このとき、写真中央の赤い配線が
断線しないよう気を付けて取り外してください。

本体の中も掃除機のノズルをつっこみ
はぶらしや柔らかいハケでホコリを吸い取ります。

本体を
お掃除シートやアルコール配合ウエットシートで
細かい場所は綿棒など使ってふき取ります。

15分くらいで
作業完了。

わたしは電気屋の娘やったんですが
高校生のとき
ファンヒーターのメンテナンスを一台やって
父から500円もらってました。

だいたいいつも15台くらいあったので
当時にしてはいいアルバイトやったと思います。

ともすれば
「このままでいいや」と思いがちですが
このひと手間が大切です。

すっきりきれいになった
ファンヒーターを見ると
とっても気持ちいいです。

来年気持ちよく使うために今日やること。
みなさんもぜひやってみてくださいね。(^◇^)

 

【お友だち大募集!!】
「お顔そりエステわしの」のアカウントより
LINEでの予約、お問い合わせが出来ますよ
「読む美肌マガジン」発行や新メニューのご案内
キラキラワークの先行告知など
わくわくの情報をお届けしています

こちらの「友だち追加ボタン」をクリック♪
友だち追加

【ヘアーサロンわしのHP】
https://hairsalon-washino.shopinfo.jp/
【お顔そりエステ♪わしのHP】
https://washino-kaosori.shopinfo.jp/

【花嫁さまのお顔そりエステ♪わしのHP】
https://bridal-washino.shopinfo.jp/
【フェイスブック】
http://facebook.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中