観光客のふりをして平泉寺白山神社に行ってきました!

平泉寺に行ってきました。

何年ぶりやろ?って思うくらい
長いこと来たことがなかったです。

資料館やおみやげやさんもできていて
わたしの思ってた平泉寺とはずいぶん変わっていました。

ずんずん。
長い石の階段を上がっていきます。

こんなに長かったっけ?

「おい、何してるんや。はよ来いや」と言ってます。

この距離感がわたしら夫婦らしいです。

横に並んでいくのではなく
先頭を行くこのおっさんの後を
「待って~。置いてかんといて~。」と
ついていくわたし。

で、置いていってしまうのか?と思いきや
ときどき振り返って「さっさと来い」という。

鳥居のところにくると足を止めて
「真ん中じゃなく端っこ歩くんやぞ」と。

本殿に着くと
小銭入れからお賽銭を出して
わたしの手に。

「わかってるか?二礼二拍手一礼やぞ。
ちゃんと自分の住所と名前を言うんやぞ。」と。

わかってるし。

木漏れ日のいい感じの写真が撮りたくて
上ばかり向いてると

「おい!ちゃんと足元見て歩け。転んだらどうするんや。」
といちいち言う。

わたしら夫婦の31年が
この数分に凝縮されてるようなやりとりで
ついつい笑ってしまいました。

ふたり並んで食べるソフトクリームは
最高に美味しかったです。

パワースポットと言われるだけあって
空気がりんと張り詰めていました。
清々しい気が満ち満ちていました。

平泉寺がこんなにステキな場所やとは!
行ってよかったです。

みなさんもぜひ行ってみてくださいね♪

ドス黒いノリコも浄化されて
クリアになったはず。
わしののりこ

金沢&福井の女性理容師さんたちが大人の遠足にやってきました♪

月曜のお休みに金沢と福井の女性理容師仲間が
「大人の遠足」と称してわが町大野に遊びに来てくれました。

大野と言えば?
今回も行きましたよ~。あ、そ、こ!
わたしたちif-plantさんの常連さんなんです。
カルトナージュとフラワーボトルを作る2つのグループに
別れてワーク開始です。

わたしはフラワーランプを作りました。

瓶に苔を敷き詰めて
可愛いミニチュア小物を好きなように配置します。

ドライフラワーも入れたら。。。

透明なオイルを流し込んで出来上がり♪
めちゃ簡単。
でも細かい作業なので息もできません。

ほんとは芯を入れて火をつけると
アロマランプとして使えるそうなんですが
鑑賞用にします。
使うのがもったいないので。

可愛い~!左はお友だちの。右はわたしの。

おしゃれな飲み物♪でほっと一息。

あいちゃん先生手作りのパンランチ♪
実はこのランチがすっごく楽しみやったりする。

みんなのリクエストにお応えして
空いた時間にカードセラピーもやりました。

ちょっと丸裸的なことになったので
現場は一時騒然としました。

おもしろいね。←人ごと( *´艸`)

午後からは場所をカフェナマケモノに移して
カードしたりめいっぱいおしゃべり。

あ~~~~楽しいっ♪

みんな「大野いいとこ!大野が大好き!」
って言ってくれるんです。

そんなにいいのかぁ。。

住んでると身近にありすぎて
そのよさがわからないですもんね。

第2弾も計画中のようです。
また来てね♪

※ちえちゃんにお借りした画像もあります。
事後報告ってことで。(^^♪
わしののりこ

⑦大阪へ行ってきました~サプライズを仕掛けてみた

キャッツを見た後
わたしと同じように前日入りしている
女性理容師さんと夕食に行きました。


(※未報告ですが、ちえちゃんに画像お借りしました。)
さくら北夙川
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27067204/

ちえちゃんチョイスのお店は大当たり!
大阪といえばお好み焼き、ホルモン焼うどん、串カツ。
どれもほんとに美味しいっ。

ふだんはめったに会って話す機会のないわたしたち。
でも今回は深くてディープな(一緒やん笑)話で
めっちゃ盛り上がりました。
まじめな仕事の話もいっぱいできてうれしかったです。

ここでわたしだけ抜けさせてもらいました。

ある人にサプライズを仕掛けにいくからです。

わたしのよく知ってるおねーさんがこの日
心斎橋でライブすることは聞いていたのですが
「あー残念やけどお友だちとご飯食べるで行けんわ」と。

でもせっかく大阪にいるんやし
どうしてもおねーさんが歌ってる姿を見たかったので
行ってきましたよ。

ライブが終わっておねーさんが出てくるのを
柱の陰に隠れて待ってました。

そしておねーさんがすぐ近くまできたとき
バッと飛び出ていって思い切りハグしました。
頭を思い切りくしゅくしゅしました。

「うっそー!来るなら来るってゆうてよ」
とびっくり仰天のおねーさん。

サプライズ大成功!

高校の文化祭で歌ってるのしか見たことなかったけど
その頃と比べて声もずいぶん太くなめらかになってました。

かっこよかったよ。

母は用意周到に
ライブハウスの場所を事前に調べていったにもかかわらず
迷いに迷ってどうしてもたどり着かなかったんです。

開演時間も刻々と過ぎていくし
悲しくなって大人やけどもう泣こうかなとおもったとき
ギターを担いだお兄さんたちが通りがかったので
事情を説明して教えてもらいました。
やさしいお兄さんたちは「気を付けてね」と言ってくれました。

はぁ~やれやれ。
わたしったら何をやってるんだか。

内容の濃い2日間。
最高に楽しかったです。

また張り切って仕事しよ。

また来るね。まってて大阪♪(*´▽`*)
わしののりこ

⑥大阪へ行ってきました~劇団四季キャッツ!!!!!!!!!にゃあ

次の目的地はここ。

前回のライオンキングのときもそうでしたが
ここへくるたび号泣してしまいます。

キャッツの内容それ自体を見て泣くというのではなく
(もちろん素晴らしい内容ですけど)
今ここ、劇団四季劇場にいて
ずっと見たかったキャッツを見てる自分に
感動して泣けてくるんです。

それと。

今さら?やし
なんで今?なんやけど
わたしのやりたいことをすべてやらせてくれる
鷲野じーちゃんやみつかずパパンにありがとう!
って感謝の気持ちがぶわーっとでてきて泣ける。

そして。

ひとりひとりのキャストを見てまた泣ける。
どんな想いでこの舞台に立っているんだろうって。
上手く出来なくてくやし涙を流したり
舞台監督に罵声を浴びながら何度も練習してるのが
眼に浮かんでくるから。

グリザベラという娼婦猫が
圧倒的な歌唱力で歌い上げる
有名なあの曲「メモリー」の旋律にも
うるっと来てしまいます。
歌声だけで会場中の空気がびりびりと震えます。

とにかくキャッツを見てる間じゅう
ずっと泣いてる。

隣の席の人に
へんなおばはんって思われたな。きっと。

つづく
わしののりこ

 

⑤大阪へ行ってきました~事前調査はばっちり!行きたいところへ行く♪

セミナーは月曜日。
でも前日の日曜に大阪入りしていたわたし。

以下、時系列でお送りします。


「最近、福井駅近の駐車場はすぐいっぱいになるので
早めに行ったほうがいいよ」とお客さまにお聞きしたので
ものすごく早く家を出ました。

ユトリ珈琲でモーニングしながらスタンバイ。

ものすごく時間のロスを感じるけどしょうがないですね。

2時間で大阪到着。


大阪駅でICOCAに2000円チャージしてと。

ひとつめの目的地はここ。

ピアスやネックレスなど
アクセサリーの細かいパーツが売ってるお店で
こまごましたものを購入。

お昼は混雑する前に食べてしまおうと
11時の開店と同時にお目当てのお店にダッシュ。


肉屋のビストロ TAJIMAYAヨドバシ梅田店
https://r.gnavi.co.jp/k491254/

お肉屋さんがやってるお店のローストビーフ丼。
S,M,Lの3サイズから選べます。
(これはSサイズで780円)

次はデザート行きま~す♪


フルーツパーラーキムラ三番街店
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27079200/

果物専門店がやってるお店のフルーツパフェ。
こちらもHappy、Just、Miniの3種類から選べます。
(これはMiniで630円)

どちらも小さいサイズがあるのが嬉しいです。
梅田のど真ん中にしてはコスパ最高♪
専門店なのでお肉もフルーツもすっごく美味しい。


http://jp.flyingtiger.com/ja-jp

メモ帳を忘れたのでタイガーで急遽購入。
袋がめちゃめちゃ可愛いいいいい!!

以上ここまではわたしの計画通り
完璧に遂行されております。

つづく
わしののりこ

③すいません。神戸牛のお弁当いただきました。

午前中の座学と工場見学も終わり
そろそろお腹も空いてきました。

神戸といったら
アレ
ですよね。

神戸牛すてーき弁当♪


大量のガーリックチップ。
どうしようかなと思ったけど
みんなで食べれば怖くない。

ガーっと全部トッピング。

やばいっ。
柔らかくて温かい!
美味しぃ~。

聞けば
神戸では有名な和牛専門店「菊水」さんのお弁当らしいです。
http://kobe-kikusui.com/

それは美味しいはずやね。

スーハーするとにんにくの香りが
するようなしないような・・・
ま、いっか。

つづく
わしののりこ

②リアル本社さんの工場見学させてもらいました。

こんなの初めて!
化粧品を実際作ってる製造工程を見学させてもらいました。

衛生管理のために白衣、キャップ、マスクをします。
給食のおばちゃんみたい♪

そこかしこに積まれた大量の原料。

大きな容器で撹拌されます。

米ぬかを布袋に入れる工程はぜんぶ手作業。
手際の良さったら。手元が早い早い。
持続力のないわたしには無理やなぁ。
頭が下がります。

こちらも手作業。
出来上がった製品をパウチします。

日ごろ何気なく手にしている化粧品が
こんなにも厳しい衛生管理の中で作られ
こんなにもたくさんの人の手を渡って
出来上がったものと思ったら
その一滴一滴も愛おしくなりました。

「責任を持ってお客さまのお肌に使わせていただきます」
そんな気持ちになりました。

ふたつめの収穫です。

まだつづく
わしののりこ